キャベツスパゲッティ アンチョビ味

2006/5/15

INAマーケットでアンチョビの缶詰を見つけた。一個125ルピー(313円)で一寸高いけど、まぁいいかと買い込んだ。英国のJohn West社製で、生産地はモロッコ、総重量50g、固形物重量30g、オリーブオイル漬け。

早速、晩飯をスパゲッティに決めた。
イタリア製Pasta ZARAスパゲッティ 細身7〜8分で茹で上がる
キャベツ 2センチ幅でザク切
カリフラワー  2〜3センチの塊に
にんにく
マナリーの乾燥赤唐辛子
アンチョビ一缶
大和さんで仕入れたハム2枚短冊きり

まず、上の3品目を多少塩を入れた湯で茹で上げる。
その間に、オリーブオイルを熱し、にんにく、アンチョビのみじん切り、ハムを唐辛子とともにいためる。(塩は不要)
茹で上がったスパゲッティとキャベツとカリフラワーの水を切り、アンチョビのソースにぶち込み、なじませる。最後に一寸胡椒で、味を調える。

磯の香りのスパゲッティの出来上がり。予想通りの味でうまかった。この料理のコツは、スパゲッティとキャベツカリフラワーを一緒にゆでることでしょうか。(この手法は、諏訪のあたりに行くと必ず寄るレストラン、フォルマッジョ  の指導による。)この料理のメリットは、美味しいこと、現地にある材料で全てできる(一寸コストが掛かるけど)野菜を食べられる、等である。蛇足だが、切海苔を散らすと良いかも。

又、一つレパートリーが増えた。ニューデリーでは、ソフィアガンディーの所為かイタリア製の本場のパスタ、オリーブオイルが手に入るのでとても便利である。

その後アンチョビは100ルピー(250円)まで値切った。我が家の名物料理のレパートリーが一つ増えた。

BACK HOME