インドの仕出し弁当

2006/5/9

グルガオンの仮事務所でインドの仕出し弁当を食べている。四段重ねの丸い筒状の入れ物に入った弁当で、25ルピー(63円)で配達料込みである。
内容は、野菜のカレー一品、ダール(豆のカレーで日本の味噌汁に当たる感じ)、長粒種のインド米の蒸したもの、ダヒーで4段、プラスアルミホイルに包まれたロティー2枚と、生のたまねぎ、キュウリ、トマトを少々である。

野菜のカレーは日によって変わるし、週に一回はパニルと呼ばれるコッテジチーズのカレーも出るし、ダールも変化する。

味は、旨いといえる部類に入る。しかも飽きない。45度を越す気温の元でも思わず口に運ぶ説得力のある味である。カレーは暑い国の食べ物と言うことが良く実感できる。
これを配達するのは少年たちの仕事である。自転車に引っ掛けて昼直前に暖かいものを運び込むのが粋と言うものだ。

BACK HOME