ドゥルガ・プージャ

2007/10/19

ドゥルガとはシバの奥方で、破壊の女神である。

幻想世界神話辞典 http://www.jiten.info/dic/durga.html から

「ドゥルガ  durga 

インド神話の女神。シヴァの妃。ドゥルガは「近づき難い」の意。もともとは彼女に敵対する悪魔の名であり、悪魔を倒した時、記念してこの名を名乗った。

マヒシャによって天界が占領されてしまった時、神々が反撃にでるため、力を集中して吐き出した、憤怒の炎の中から誕生した。

その姿は十本の腕を持つ美女で、マヒシャ討伐のため、シヴァの三叉戟、ヴィシュヌのチャクラム、アグニの投げ槍、ヴァーユの弓、ヴァルナの法螺貝、インドラのヴァジュラなど様々な武器を与えられた。

そしてヒマヴァット神から騎乗用に虎をもらい、マヒシャに戦いを挑んだ。

山が砕け、海水が陸地に溢れ、空の雲は散り散りになるほどの戦いの末、マヒシャの首を切り落とし戦いは終わった。 」


その勝利の場面を演出して正面にすえお祭りをするのがドゥルガ・プージャである。そのテント張り及び神像群をパンダールと呼ぶ。プージャとは祈り・祭りの意味である。

館長は丁度入魂式の最中にこのパンダールを訪れた。赤い敷物の前で、靴を脱ぎ、本尊の前で手を合せ、賽銭箱にそれとなく十ルピーを入れ、写真を撮った。とがめる人はなく、むしろ歓迎の雰囲気があった。

勝利の場面を作ると、まず入魂式をする。そのあとでおならいが行われる。もちろん野菜のカレーである。
 
入口にはデザインをしたところの名前が・・
パンダールの入口には、供物を売る店がある。
パンダールの正面である。竹と黄と紅白の木綿のきれで作り上げられている。雨の降らない前提である。
パンダールの中でマリーゴールドを使っての花輪つくりに少年が集中していた・・
御本尊たちである。派手な極彩色に描かれている。
入魂式を行うブラーミンたちである。
しきりにマントラを唱えるブラーミン・・
神像の前には護摩壇が作られている。
本尊の前は左右に仕切られ、左が男性の座る場所、右が女性の座る場所となっていた。その女性の一番前に、女性たちが線香あげ祈る場所が作られていた。
おならいの準備をする男たち。女性は加わらない。まな板は使わず手にナイフや包丁を持って野菜を刻む。ジャガイモ、カボチャ、ニンジン、ナス、カリフラワーなどが食材として使われていた・・

BACK HOME