ジャイナ教のお寺

2007/5/7

NH8(国道8号線)をジャイプールに向うと、ヒーローホンダのグルガオン工場の手前、左側に、ジャイナ教のお寺がある。

屋上に、裸のマハービーラ(大勇)の象を載せているのですぐわかる。何故か緑の大理石像であるようだ。

館長の日常業務を行っている工場の近くにもジャイナ教のお寺があるようで、信者が旗を持って歩いているのに出くわす。

NH8を先日の朝走っていたら、南から青い縁取りのある白い木綿のサリーを着た一団がやってきた。その行列の先頭に近いところに、素裸の男が二人悠然と歩を進めていた。20人くらいの女達は手に手に孔雀の羽で作った団扇を持ち、件の素裸の男を扇ぐしぐさをしている。2人の男はかなり高齢であったが、性器もぶらつかせて歩いていた。中ほどにも、若い男が裸で参加していたが、彼は緋色のふんどしをしていた。

彼らは、南の寺から、このこの寺まで移動してきたのであろう。ジャイナ教空衣派(ディガンバル派)の聖者達である。

残念ながら一瞬のことで、行列の写真はない。

BACK HOME