マハボディ・ソサエティの寺

2007/

ビルラ・テンプルの左側に同じくビルラの寄進のよって建立された、マハボディ・ソサエティの仏教寺院(Maha Boddhi Society, Buddhist Temple)がある。

シュリランカの坊さんが管理をしているようである。
 
入り口である。自発的に靴を脱げばよい。カメラも不問である。
本尊の仏陀である。崇高な感じが多少はするのはインド離れでもあろうか。
左側に、線香と献花台がある。線香の香りが心を和ませる。
内陣でシュリランカの坊さんが信者を前に、お経を唱えていた。此れには多少のお布施が必要なのかも。
館長はこの人たちと一緒に外陣で足を投げ出し暫し瞑想に耽った。

BACK HOME