mangal mahadeva(マンガル マハーデバ=マンガル大神)

2007/3/25

デリーからNH8でグルガオンに向うと、トールゲイトの直前、左側に大きな神像が見えてくる。今日はそこをカメラ小僧である。

逆光であるので旨く取れないのはいたしかたない。勿論靴を脱がねばそばには行けぬ。中はお花畑が綺麗でした。

インド人は今までジャイナ教を除いては大きな神像を作らなかったようだが、技術的に製作可能となった昨今あちこちに大きな仏像が出来てきている。此れもその流れの中であろう。
ヒンディ語で  マンガル マハーデヴ ビルラ カラン とある。

左側は、注意事項で、朝6時から10時まで開門とある。
ピクニックは禁止とある。カメラは禁止とは無かった。
鐘を鳴らし祈る若夫婦・・
全体像である・・今日は青空であるが、逆光が気になる・・ 神の年を気にしても致し方ないが、若い神である・・
足場が悪い、雨上がりの情景です・・履物がグショグショになるのもかまわず、お参りしている家族ずれがいました・・

BACK HOME