南洋桜(peregrina)

2008/7/1

ペレグリーナというのは英名という。有名な歌曲にもある。女性の名前であろう。

学名は、Jatropha integerrima(ヤトロファ・インテゲッリマ) で、別名は、テイキンザクラ(提琴桜)、Jatropha(ヤトロファ)、 Rose-flowered Jatropha(ローズ・フラワード・ヤトロファ) などがある。原産地はキューバ。

日本では、ペレグリーナという英名より、学名が使われているようである。

樹高は、2m、 花径は2〜3cmである。グルガオン事務所のセントラム・プラザ・びるの生垣に植えられている。
 
可愛い花をつけた生垣はなかなかである。右下は黄蝶である。
黄蝶が群がり花の蜜を吸っている。
和名が南洋桜とはよくつけたと思う。鳳凰木(グルモール)を南洋桜という人もいるが、館長は、南洋桜はこの花に似合う様に思う。
蝶々の写真か・・

BACK HOME