痩せたインド牛

2007/1/30

インドの牛は痩せている。日本の食用の牛とは大違いである。こんなに痩せていても丈夫だと言う。世界の牛の中で、一番病気に強いのが、インド牛とブラジル牛であると聞いた。最も弱いのが和牛であるとも聞いた。

そういえば、インドとブラジルには似たところがあると指摘する人がいる。

地球規模の比重選鉱で作られた鉄鉱石の産地である。又、花崗岩などの火成岩の中に生じるレンズ状の洞の中に求心的に大結晶質の析出がしているものが産出している。水晶、アメジスト、メノウなどである。二つに切り分けたものや、割ったものが床の間の飾り等に日本でも人気がある。蓼科の柏木化石博物館に展示されていた記憶がある。更に火成岩の中に、トパーズ、緑柱石、貴電気石、卑電気石、アクアマリン、エメラルドなどを産出する。

この二つの国が今BRIC'sとして脚光を浴びているのも面白い現象である。
 
先頭の牛は、コラン、コランとカウベルをつけていた・・
右側の少年は牛追いである。角を反対に曲がらないように棒で牛達を誘導していた・・

BACK HOME