極彩色の飛蝗

2006/6/19

夾竹桃の茂みの中で、極彩色の飛蝗2種の撮影に成功した。よって博物館の展示物とすることにした。

撮影状況は、2006年6月19日09:00、天気晴れ、温度28度前後、湿度はかなり高かったようである。花の蜜に集まってくるのであろうか。ミツバチも観測された。

このようなものを展示できることにより、開設以来約2ヶ月で、インド博物館らしくなってきたようである。

館長は、2種類と書いたが、自信がない。と言うのは飛蝗は雄と雌とではサイズが異なることが多いからである。

誰かこの飛蝗の名前を教えていただけると、ありがたいのだが・・

ミツバチです

BACK HOME