コプラ(copra)を売る少年

2007/6/7

インドでコプラと言うと、猛毒をもつ蛇を思い起こす人がいるかもしれないが、ここで取り上げるのは,

島崎 藤村の

「名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実ひとつ
故郷(ふるさと)の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる
枝はなお 影をやなせる
われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の・・・」

の椰子の実の内側に、へばりつき沈殿する乳脂のコプラである・・

大きな交差点では、色々な物売りが来るが、コプラ売りもヒーローチョークの名物である・・

彼は今日の今までの売り上げを真剣に数えていた・・

そして、カメラに気がつき一寸吃驚したようだ・・

でもその後、にっこり笑ってくれた・・その写真は撮れなかった・・
 
一枚一枚札の皺を伸ばしながら、わき目も振らず勘定している・・横においてあるのは売り物のコプラである・・
カメラの殺気を感じたのであろう・・勘定が終わるとカメラを見つけて一寸びっくりのところである・・

BACK HOME