籐の家具屋

2006/8/17

MGロード(Mehrauli Gurgaon Road)は、ニューデリーとグルガオンを結ぶ裏道として使われ始めてかなりになる。初めは道幅が狭く、舗装も十分でなく、知る人ぞ知る道として、ニューデリー在住のゴルファーがクラシックゴルフクラブの往復に使い始めた。今は、舗装も良くなり、道幅も広げられて、一方交通の措置も取り入れられ、利用しやすくなってきた。もはや裏道とは言えないようである。

この通りに、気が利いた店が出来始めたのも、ここ十数年のことで、高級家具屋や、アウトレットなども進出してきている。又、将来を見越して進出しようとした、いわゆる違法建築が次々と摘発され取り壊されているのも、名物である。空軍の25連隊のベースがあり、寺町通りがあり、ハヌマーン寺院があり、石屋があり、屋台の果物屋があり、プロレス道場があり、スイートショップがありと名物がかなりある。

その名物の一つが、籐の家具屋である。小屋がけの店舗に、籐の家具を所狭しと積み上げて、商売をしている。大体一個70ルピー(175円)から500ルピー(1250円)位で椅子、テーブル、ソファーなどの一応の家具が買える。およそ10軒が轡を並べている。それなりに繁盛しているようで、グルガオンの新興住宅地さまさまの商売である。
モーラと呼ばれる椅子は、70ルピー(125円)からある・・これは丈夫で長持ちすることを国分寺の館長自宅で実証済みである・・20年はもつ・・
店主のプラモドさんは、汗を拭き拭き店内を案内してくれた・・実直そうでした・・
すだれもこのミシンで作る・・最大幅は48インチ(120センチ)で長さは無限であると胸を張った・・館長は後ろに山積み籐の家具にしか興味は無かったのだが・・
3軒隣にも同じものを扱う店がある・・ここの倉庫は頑丈で感心・・今日は独立記念日で客が少ないとのとの予想で、倉庫からは出していない・・
この店は、やや高級志向が見られる・・それでもそんなに高くは無いはずであるが、値切るのが大変そうな店であった・・

BACK HOME