インドの薬

2009/8/24

今日は日曜日。暇を利用して、近所の薬屋に行った。

持病の梗塞を避けるニトログリセリンとインドの下痢にも効くインドの下痢止めを買ってきた。

インドの下痢止めは、アメーバー赤痢の治療にも効くと言う、特効薬で、ここ48年お世話になっている。

下痢がはじまると、2錠飲み、そのあと食後に2錠づつ3回繰り返すとほとんどの下痢は解決である。日本にも持って帰ることにして、20錠のシートを5枚、100錠買った。

それで代金は、64ルピー05パイサであった。

ニトログリセリンは、2種類かった。

嚥下錠25錠を二つ、190ルピー60パイサ。 Nitrocontinと言うのが商品名である。

もう一つは、持続性を持つカプセルのニトログリセリンで、商品名がAngispan-TR言い、25錠でx2で、210ルピーである。

合計464ルピー65パイサ(約930円)である。

買うときに使用する人の名前と。医者の名前を聞かれた。我が家で、ぺぺロンチーのの昼飯を食べたTEWRIさんをドクターに仕立てた。

インドの薬やは親切で、薬の価格が安いので気持ちが良い。

BACK HOME