新生「大和屋」さん

2009/6/1

新生と言っては失礼でしょうが、大和屋さんも変化している・・

カンバンが新しくなったのは、去年のことであるが・・

店内が改装され、売り場が大きくなったのも去年である・・

冷凍庫の数も増えた・・

入口が自動ドアになったのは今年である・・

店員が名札を付けるようになったのも今年のことである・・

入れ物だけでなく、日本からの輸入の頻度も上がり、品切れがたまにしか起こらなくなったのは大きな変化・・

館長は大抵土曜日の午後大和屋さんの寛ぎコーナーで、サービスの飲み物を頂きながら、雑談する・・情報交換である・・

最近の傾向として、日本人だけではなく、韓国人を始めとする外国人の客も増えてきているし、インド人の数も半端でなくなって来ているという・・

国際色豊かになった来ている・・お国柄により買い物マナーも異なるようで、対応も大変な様である・・

大和屋さんがないとあるとでは、ニューデリーの生活は大違いである・・最近各社は、大和屋さんがあるという前提で、インド福利厚生を考えるようになってきている・・

大和屋さんの御蔭で、生活がしやすくなったのである・・感謝!
 
看板も綺麗になった
インド製の自動ドアが・・調整に手間取ったが最近は安定しているようである・・


艦長が絶賛するCERESのグレープフルーツジュースもある・・
成松さんの笑顔・・
スパゲッティはイタリア製・・
積み上げられたカートンボックスは、新着入荷直後である・・うれしい混雑である・・

地下の売り場・・
最上段のカレーのレトルトパックは、ITC製のインドカレーで、日本への御土産として評判が高い・・

日本製のレトルトもある・・
ヒマラヤの岩塩も土産として結構売れているようである・・
食糧品以外も・・

館長が寛ぐコーナー・・2時間も油を売ることがある・・
店員さんたち・・壁の時計は日本時間と、インド時間を・・
ヤクルトも・・
一連の冷凍庫である・・豚肉はインド製・・なかなかいける・・

レジカウンター・・

BACK HOME