And と Or

2009/2/2

「Night and Day」というJazzの名曲がある。

日本語では、「夜も昼も」と訳されている。 Cole Porterの作詞作曲で、 フレッド・アステアとクレア・ルース共演のミュージカル「ザ・ゲイ・ディボーシー」曲である。
歌の中には。「Day and Night」というフレイズも出てくる。中学で習う英語で訳すと、「夜と昼」となるが、それでは伝わらない。やはり「夜も昼も」でなければ・・

リッチモンド・パークの近所で見かけた交通標識である。

「Day or Night」ときた。そのまま中学生英語で訳せば、「昼か夜」「昼あるいは夜」または「昼または夜」となるが、言わんとした意味は「昼でも夜でも」であろう。

落語に禁酒の話がある。一年の禁酒を誓った男が、よんどころなく、ある夜酒を飲む仕儀となった。翌日神様に出向き、「昼は絶対に飲みませんから夜は勘弁して下さい。その代りに、2年の誓にします。」と掛け合う。その後、昼も飲まざるをえないことになり、また神さんに、「えーっと、どうしても昼も飲まなきゃなりません。許して下さい。その代り誓いを4年にいたしやす。」と願をかけ直す話である。この標識は夜か昼のどちらかに交通規則に従えば良いことになる。

この標識を作った人は、「and」では弱すぎると考えて、あえて「or」と誤用し分かっていて使ったのであろう。「whole day」「all day」「always」「24 hours」では物足りなかったのであろう・・


ついでに、歌詞の紹介もして置く。

NIGHT AND DAY /COLE PORTER    
   
Where the jungle shadows fall
Like the tick tick tick of the eye of the clock
You're standing up against the wall
Like the drip drip drip of the rain drops
When the sun shines through
So a voice within me
Keeps revealing you...you

Night and day
You are the one
Only you beneath the moon
And under the sun
Whether near to me or far
It's no matter, baby, where you are
I think of you
Night and day

Day and night
Why is it so
That this longing for you follows wherever I go
In the roaring traffic gloom
In the silence of my lonely room
I think of you
Night and day

Night and day
Under the hide of me
Though such a hungry yearning
Burning inside of me
This torment won't be through
'til you let me spend my life making love to you
Day and night
Night and day

Night and day
Under the hide of me
Oh, such a hungry yearning
Burning, burning inside of me
This torment won't be through
'til you let me spend my life making love to you
Day and night
Night and day

Night and day
Night and day
Night and day
Night, night, night and day
Night and day
Night, night and day
Night and day

BACK HOME