万が一

2008/6/25

起こりえないことの例えとして、このフレイズは使われるようである。一万分の一の確率はそれほど起こりえないことであろうか。

三万人の観客の中から、3人に選ばれる確率は確かにあまりありそうでない。

昨日のことである。前を走っている車の番号がなんと館長の車と同じであった。運がいいのか、悪いのか、験が良いのか悪いのか?
 
別にいつも番号を気にしている訳ではないのだが、たまたま殺気を感じて前を見たら3610であった・・
ビノードは毎朝車までラップトップの入った鞄を車まで運ぶのが仕事である・・今朝も・・その車の番号に注目。

BACK HOME