シュリパールの弟の結婚披露レセプション

2007/2/12

シュリパールと言う運転手の弟の結婚披露レセプションに招待された。グルガオンから20分くらいのアーヤナガルと言うところである。

2日間の雨で足場の悪い中、細い舗装のはげたいわゆる笑窪道路を走り着いたところが4階建ての立派なお屋敷である。恐らく20位部屋があると思われる。

グランドフロアの一室に案内された。ベッドとソファと片隅に置物がある部屋で、入り口にも利用できるようになっているようだ。停電を考慮してかそれとも電力のキャパの問題なのか、自家発電機まで用意されていた。

門構えも立派な4階建ての豪邸である。左奥が4階になっている。
次々に親、親戚、兄弟、奥さん、子どもを紹介された。
親父さんである。飾らない朴訥なじーさんである。
恥ずかしがり屋の奥さんである。
テレビの影響を受けていると見られる親戚の坊主である。
何となく親類とわかる顔つきである。
仲のよい息子と娘である。
本人と同僚の運転手である。
兄弟達である。
暖かい甘いミルクと、コテッジチーズのポコラ(天ぷら)、グラブジャーマン、バルフィー、林檎と葡萄が先ず奨めれれた。

次に、チャナ豆(ヒヨコマメ)のカレー、コテッジチーズとグリンピースのカレー、ミックスベジタブル(トマト、カリフラワー、ジャガイモ、ピーマン等)のカレーに、グリンピース入りのプラオ(炒めご飯)、プーリ、ナンが奨めれれた。何れも、野菜のカレーであるがそれなりに美味しいものであった。

館長の皿である。  プラスティック製の皿の上に載っているのは、コテッジチーズ、ヒヨコマメのカレー、グリンピースの炒めご飯、膨らみの悪いプーリである。

ドラム缶を改良したタンドールと言う壷焼きようの炉で焼いた出来たてのナンは素朴で旨かった。
親父さんと話を少しした。ラールジーラール(Lalji Lal)と言う名前で70歳とのこと。息子6人で、今日は最後の息子の結婚レセプションとのこと。今日のレセプションに客を1000人呼んでいること。場所が足りないので前の家を借りたという。

前の家のベランダである。山盛りの盛況で食に群がっていた。 その辺りではかなりなの知れた大きな家であるようだ。ミルクの販売で産を成したという。隣近所の牛からミルクを集め、金持ちの家に個別販売をしてきたと言う。

BACK HOME