抱く

2006/8/30
2006/9/21追加

子供を抱くときにインドでは、腰骨の上に載せる抱き方がある。この抱き方はインド特有のものではないようだが、日本ではあまり見られない。

館長の3人の娘もこの抱き方で育てられた。オリッサ出身のアカマーと呼んだアーヤー(乳母)及びその眷属(聾の長女とカリーと言う次女が親の手伝いをしていた。館長の娘が3人だから、アーヤーが3人必要なときもあったわけである。)の抱き方は正にこの抱き方であった。娘がアーヤーとその眷属に3人ともこの抱き方で抱かれていると壮観であった。

日本人のお客が来たときに、3人娘にチャンと座りなさいと言ったら、ソファーの上に3人揃ってアグラをかいた。インドでは、アグラが正座である。インドの幼稚園に通ってた長女を見習い3人が正座をしたわけである。そのときの写真がないのが残念である。
 
兄弟仲良く・・
今日はままに抱かれて・・
今日はお寺参りで、サーカスの子供みたいに正装して、抱かれてます・・
夕方渋滞の道路を渡ろうとっしているところです・・
神代の時代からの抱き方のようである・・

BACK HOME