逆 走

2006/6/13

ジャイプール街道は、3メーターを越す中央分離帯があり、そこにブーゲンビリヤとか、夾竹桃とか、キバナ夾竹桃とかが植わっている。その両側は、日本と同じ左側通行の一方通行となっている。

そこを逆行するものがある。人間は、まぁ許せるか。犬も、牛も、ヤギも、羊も、水牛も、ラクダも、ロバも、馬も・・で、それらの生物が車を引いて逆行するのは許そうか。自転車とか、ラクダの引く車とか、馬車とか・・

では、オートバイは?オート三輪は?スクーターは?バスは?トラックは?全てのものが、おずおずと逆走したり、堂々と逆走してくる。
 

 
逆送する乗り合い三輪車は、多少は遠慮気味に・・
 
この白い乗用車はかなり堂々たるものがあった・・
 
車の間に昼間からライトをつけている三輪車、多少は遠慮気味である・・
 
これはもう堂々たるものであった・・
 
大体逆送するトラックは遠慮会釈もない。これもである。ぶつかったらそっちが損だろうとばかりに・・・・
 
土煙を上げて、ホーンを鳴らし堂々たる行進である・・

館長のドライバーのサリーム君は、怒りもせずに、よけて鼻歌交じりである。何か変!

BACK HOME