トンキールのメンバーの社会的知名度は?

2001/5/25

インターネットを始めて最初にはまるのは所謂ポルノサイトであるのが普通のようだ。でもそれは短時間で飽きが来る。次に来るのは仕事・趣味ということになろうか。少し使い慣れて余裕が出てくると、いろいろ試してみてはまることが出来たりする。チャットにはまる人も少なくないし、各種の掲示板と呼ばれるところを荒らしまわる人もいる。そのうちチャット仲間や掲示板仲間とOFF会と称するコンパをやったりする。意外な仲間が出来たりしてこれも乙である。

今小生がはまっているのは碁である。WWGOで3級と4級を行ったり来たりしている。たまには問東風荘という雀荘にも顔を出したりする。そんなことにも飽きて、時間を持て余した時、YAHOOで自分の名前を検索してみた。なんと61件ヒットした。ほとんど全てがインド関係で、書籍の紹介、講演会の関係、日印調査委員会関連が中心であった。フムフムと感心した。

それでTONQUEELのメンバーを検索してみた。

「芦村防人」残念ながらヒット0件でした。同姓同名もいない。誠に貴重な姓名でありました。

「伊関剛一」ヒット1件で、その内容は、とある裁判に証人として言及されているのでした。「・・・すなわち、成立に争いのない<証拠>、証人久保田智之・同伊関剛一の各証言及び弁論の全趣旨によれば・・・」これがメンバーの本人であるかどうかは多少は疑問が残るが、保険会社が関係する裁判であるから当人であろうと判断した。凄いところに顔を出しているものである。検索のすごさを実感した。

「大川久司」ヒット3件である。同姓同名かと目を疑ったが、本人であった。「ペアー碁で2級大川久司神奈川県5段瀬崎寿美子埼玉」、「3段大川久司神奈川、5段石井久美子埼玉」、「214-0037川崎市タンク西幾多4-26-7大川久司方、044-966-1962私は時により・・・」と郵便碁に就いての投書をとあるホームページに寄せている。まさに趣味のことが3件ヒットしている。ただし住所と電話番号が公開されテいるのがちょっと気にはなったが、趣味で社会的に自己表現を行うのは立派である、との感想を持った。

「岡崎一夫」23件のヒットである。同姓同名が多く数百件を超えるのかと思ったが意外に少なかった。日立メディコ関連が2件と、すでにトンキールには紹介済みの何とかゴルフの会の専務理事としてがっちり紹介されていました。仕事と趣味のバランスのとれたよい相と言えましょう。

「岡崎昌哉」意外にもヒットは無しでした。同士の名前が検索に載らないのは三菱重工の怠慢でしょう。

「小倉純二」予想通りで、202件ありました。日本サッカー協会副会長及びJAWOC事務総長代理としての本人の動向と発言が言及されていました。やはりトンキールを代表する有名人でした。ヒットの数が多いので最後まで検索の結果を見ませんでしたがおそらく全てが本人に間違いないと思いました。全国区での活躍でした。

「高橋登」305件のヒットでした。件数では最高でした。しかしながらこれは、「のぼる」君であり「みのる」君はないと思われました。全てが他人でありました。りんご農園の怠け跡取とか、チェース・マンハッタン銀行のテクノロジーグループオフィサーとか、でありました。自己表現に勤められてはとも思いました。

「冨永宏」ヒット2件でした。でも他人でした。意外の展開でした。報知新聞関係で何か出ると期待していたのですが。勿論「富永」も検索しましたが本人と思われるヒットはありませんでした。

「永井啓介」14件のヒットがありました。三井不動産関係で2件本人が現れていました。「その清掃事業においてISO9002を本日・・・」と誇らしげに謳いあげている記事には本人の笑顔が想像されてほほえましい感じを受けました。同姓同名の「セガ人互助組合中部地区第7支部永井啓介さんのバロック補完ページ」などという摩訶不思議の物の怪も居りました。ドラマーにもいる様でした。

「村上睦美」69件のヒットでした。同姓同名の女性も若干散見されましたが、殆どが本人と思われました。学会関係、大学紹介、論文、講演、医学雑誌関係といたってまじめのものばかりでした。内容がかなり高度な専門知識にあふれているようなのでここでの引用ははばかりました。趣味の分野での今後の活躍を期待します。

トンキールのメンバーがかなり社会的に知られているということと、インターネットの検索と言うソフトがかなり広範囲にわたって、天網恢恢を目指していることがわかりました。また、トンキールのメンバーが本名では悪いことをやっていないことがわかりました。ひまなときにはどうぞ・・
検索を行ったのは5月21日でした。
 

BACK HOME