ビノードの村へ W

2009/7/10

乗車

予定通り30分前に列車の入線である。前もって2Aの停まる場所を赤服(インド駅では赤帽ではなく赤服が駅の正規の荷物運搬人である。荷物一個が40ルピーで通常頭の上に載せて運ぶ。)から聞き出していたので、我々が乗るべき車両は、粛々と目の前に停まった。

2Aの車両は5両あった。その入口に、乗るべき人達の名簿が張り出される。自分の名前を確認してその車両に乗るのである。コンピューターで打ち出された名簿は、長く印刷はあまり濃くなく、見やすく読みやすいものではなかった。半部より下は、館長の背丈で読めるのだが、最上部のページは目が届かない。薄暗いし、老眼出しどうしょうもない。そうだ館長を身長で追い抜いているビノードに読んでもらおうと考えて、気がついた。ビノードは字が満足に読めいないのだと。

そこでコナンの知恵となる。館長はコンファーム済みだが、ビノードは昨日まで未確認であった故、恐らく、最前か最後の車両に違いないと考えた。さらにページの上部でなく、一番下のほうに違いないと考えた。

最後の車両の最下部のページを調べるとそこには3人の名前しかなく、我々の名前は無かった。その上のページに、館長の名前が見つかった。その車両の6番の寝台であることが確認された。その5つ下にビノード・ヤダブの名前が見つかった。寝台番号は11番であった。そん間ビノードは隣の車両の名前のチェックをろくに字も読めないのにも関わらず、けなげに懸命にやっていた。大声で呼び、我々の名前と、予約番号を確認したところ、間違いないことがわかった。ホット一息である。ビノードの寝台もとれていたのである。これで二人は寝られることが確認できたのである。

この乗客名簿を貼りだすやり方は、ずっと前からインド国鉄は続けていて感心する。ここに名前がないと乗れないのである。指定された寝台のところで設営をしているとコンダクターが来て切符の確認である。Eチケットを出すと、IDの確認である。館長とビノードはかねて用意のPANカードを出すと、コンダクターは首を横に振りOKである。これで乗車手続きの完了である。
 

席も取れたことが確認できてホッとしているビノード
翌朝になってみると、乗車名簿の我々の名前があった部分はすでに風に飛ばされなくなっていた・・

BACK NEXT  HOME