2008年賀詞交歓会

2008/1/10

10日の13:00より大使公邸で賀詞交歓会が開催された。前夜の雷を伴う驟雨が庭のインド菩提樹の葉の土埃を洗い流し、すがすがしい春日のなかでの交換会は、和やかなものであった。

堂道 秀明特命全権大使の挨拶、玉川(ソニー)日本人会長の挨拶、続いて吉村(三菱商事)インド商工会長の乾杯の音頭が行われたが、いずれも簡にして自信満ちたものでした。

日本人会会員も1000名を超え、商工会の会員も170社を超えた。10数年前の、保安要員の侘しい賀詞交歓会とは随分変わったものである。出席者の顔が輝いていたし、愚痴の交換はなかったようで、皆が明日に向かっての夢を語っていたようだ。賀詞交歓会の祝膳にカズノコが載ったのは十数年ぶりであるような気がした。

「めでたきは夜半の嵐の明けの数の子 双延」(字余りご容赦)
 
着物を着た人は2〜3人で、往年の女性は着物を着るようにとの内々の指導のあった時代が、夢のようである。ジャンバー姿もチラホラ・・
大使公邸の中心に鎮座するのがインド菩提樹である・・
「菩提樹の煌きおり雨後の朝  双延」
堂道秀明大使・・
玉川勝日本人会長
健康そうな、吉村和美商工会長はヤクルトの宣伝をしてました・・
数の子も出て、めでたい限りであった・・かまぼこも例年とは違い十分あったようで・・お雑煮のタイミングも良いようで・・今年は評判が良いようで・・
ヤクルトコーナーもあった・・

BACK HOME