新住居(リッチモンドパークのフラット)

2007/10/3

館長はこれからまた2年インドにお世話になる。その住居を決めるために、9月2日から9日までデリーに滞在した。

いくつかの物件を見たが、結局当方の都合もあり、10月半ばから住む物件で土地勘の問題さらに家賃のことも勘案して、前に住んでいた同じリッチモンドパークの日本流の一階を借りることに決めた。

大家さんもいい人で、お宅に呼ばれ素晴しい「ベジタブル・ブリヤニとスージー・ドクラ」をごちそうになった。

家主は、S.P.Vaishさんという83歳の貿易商で、奥さんが74歳のNeelamさんである。お宅で2時間以上かけたゆっくりした昼飯を食べながらいろいろ話をした。本当の家主は娘さんでオランダに住んでいるとのことであった。

条件を日本へ持ち帰り、本社の了解をいただき、確認のメールをしたが通じないので、ワダワさんに連絡を取っていただいたところ、ご主人が脳こうそくで倒れ入院したとのことでびっくりした。奥さんに聞いたところ、ご主人は館長に貸すように言っているとのことで契約は問題ないとのことを知りホッとした。

今回、27日に赴任してきて、連絡してみると、オランダの娘さんが急きょ帰国して、彼女が本来のオーナー故、契約書にサインするという。

内装工事は、案の定遅れ、完成は10日ごろとなりそうで、こちらの思惑通りとなりそうである。

その間に、会社で支給していただける家具の一覧を作り、個人で必要な器具、機材の買い物をしている。
右がニーラムさんで左が娘さんである・・よく似ている。
固めのスイートである。ラドゥーという、爆弾あられにした粟を固めたものと、サモサを食べて契約の固めとした。
不動産屋のRajiv Dudejaさんとビノードである・・
現在まだ工事中であと10日はかかろうというところ
家主との契約書のサインが19日であったので、それまではインドのことであり、家具等の手配ははばかれれた。

20日の土曜日に大和屋さんに、タイ製の松下の炊飯器の注文をした。大和屋さんは、オールドデリーのサダールバザールで仕入れてくれるとのことだ。

11月21日の日曜日の10時にワダワさんの所に転げこみ、家具と電気製品の買物の手伝いをお願いした。「10時じゃ、まだ店は開いていないよ。」とのお言葉で、ゆっくりとお茶をいただき10時半ごろ腰を上げた。

まずモールの電気屋さんOpen Worldに行き、冷蔵庫、洗濯機、TV、トースター、ミキサーなどの電気製品を決めた。

19日に前の会社の総務課長が照明器具の近所の会社にいることをいいことに、照明器具セッティングを用意したリストに基づき用意することを任せた。

そのあと、オールドグルガオンに行き、Samratで、ダイニングテーブルセット、ソファセット、TVラック、ベッドマット、カーテンなどを決めた。

翌日、チャッカルピープールのShanti Gas店で、LPGのガスシリンダーの申し込みをパスポートと外人登録証を見せた上で行った。今は一つだが、一ヶ月後に申し込みを受け付けるとのことであった。なかなか親切であった。

会社を通じAirtel社に電話とブロードバンドの申し込みを23日に行った。

引っ越しは27日と決めた。

照明器具とスイッチ関係の主なるものは24日までに入った。

25日までに、家具の一部と電気製品が到着し始めた。25日にサービスアパートメントからリッチモンドパークに引っ越した。昼前についてみると、まだ家具の一部と、カーテンはついていなかった。

その夜、同僚を3人呼んで、ビノード特製冷やし中華を御馳走することになったいた。お客が持ち込んだビールを楽しんでいる最中、まずカーテン屋が来て、カーテンをつけ始めた。そこへ、家具屋がTVラックを持ち込んできた。玄関からではなく、今ビールパーティ最中の今のベランダのドアからである。

まぁっあわてず騒がず、カーテン屋の仕事ぶりと、家具屋の運び込みと組み立てぶりを魚に、パーティーは進む。そのうちビノードの冷やし中華が完成し、食べ始めることすべての仕事が終わり。ゆったりできるようになった。

カーテンができたので寝姿を外に公開することはなかったわけである。

TVにNHKワールドが入るようになったのは、29日、インターネットが入ったのが30日であった。

昔であれば、アクションを取り始めて、注文してから3ヶ月はセトルできないのが当たり前で、それまでホテル住まいを強いられたものだが、どうやら1週間で、住める状態に、また2週間あれば文化的な環境も整えられることが判明した。

それまでに、館長は、サロージニナガルやビッグバザールで、クッションの餡子、枕、ベッドシート、枕カバー、クッションカバー、食器、雑貨、衣類などをビノードと協力して買いまくり準備を整えた。また、カーペットなどの大物も用意したのも効いている。

それで、住めるようになったわけである。

それにしても、インドは変わった。1週間で住環境を整えることが不可能であはなくなったのである。
 
ソファセット、ダイニングセット(Max6名だが今は4人用にセットしていある)、カーテンが見える。
台所である・・ガスレンジ、洗濯機が見える
電話も付いた
ソファーセットの前に置いたTVラックである。中央に鎮座するのが液晶TV。サムスン製である。
冷蔵庫と大和屋さんに買ってもらったタイ製の炊飯器とトースター・・
館長の寝室である。ベッドと机と5脚椅子・・

BACK HOME