JAL全日就航記念レセプション

2007/9/7

5日、ニューデリー日本大使館で、大使主催の日本航空全日就航記念のレセプションが行われた。

10月28日よりJALは成田ニューデリー間を毎日運航することになる。まさに新たな歴史が始まる。それを記念しての大使主催のレセプションは、そのセンスを評価されるものであろう。

大使自身が民間企業のためにこのようなレセプションを開いたのは初めてとそのスピーチの中で言及されたが、歴史が動くときをとられての英断は評価される。大使就任以来JALに増便の圧力をかけ続けてきたところの、全日就航は期待以上のものであり、このJALの気概を育て支援しようとエールを送っていた。ただ、JALのスタッフにとっては、悲しいことに、毎日就航となると休日が無くなり大変でしょうと、ユーモアも交えての、相変わらずの榎節であった。
 
Strengthening the Friendship between India and Japan with Daily Non-stop flight Dehli - Tokyo
Effective from 28th October 2007
榎節を披露する榎大使。阿部総理の訪印を実現させそろそろ帰国の噂が出ている。
面目施したJAL所長の阿南さんである。
大使のスピーチを聞く会場の方々。在印日本人と日本ロビーのインド人とインド旅行社の方々が主だった出席者。

BACK HOME