をちこちNo.18

2007/8/28

国際交流基金(Japan Foundation)が隔月に発行している雑誌が「をちこち」である。2007年8・9月号がNo.18で、「インドを解く」という特集を組んでいる。
山川出版(¥500)

その目次を拾う。
巻頭インタビュー 今、日印の関心が、初めて相互に向いている
アルジュン・アスラニ元駐日大使に聞く

カーストの序列を巡る絶え間なき争い
ディンバカール・グプタ

ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の共生を目指して
小川 忠

インド人相手のビジネスに負けない方法
清 好延

インドには二つの世界がある
パラグミ・サイナート

インドには何でも可能にする柔軟性と寛容さがある
深沢 陽

日本人が知らない「聖地バナラシ」の普通の生活
杉本 昭男

学習者が増加し、教師は慢性的に不足
名須川 典子

世界で活躍する「インド人」たち
関口 真理

日印交流の1500年を振り返る
臼田 雅之

日本とインドをつなぐ人たち
佐藤 幸治

この手の雑誌にしては盛りだくさんで、手垢のついた筆者が少なく、新鮮な感じを受けた。
参考までに、館長の原稿も添付しておこう。

BACK HOME