リパブリックデイ

2007/1/26

1月26日はリパブリックデイで、ナショナルホリデイである。インドではナショナルホリデイは、ほかに8月15日の独立記念日、と10月2日のマハトマ・ガンジーの誕生日である。この日は全ての工場が休みとなる。そのほかの休日は、リストリクテッドホリデイで、各州、各事業所が選択して休みとする。従い、州によりこの3日以外の休日は違うことがままあり、同じ州の事業所でもその会社により休日が違うことが当たり前である。
今日のリパブリックデイはニューデリーの大統領官邸からインド門へ懸けてのプロセッションが有名で、盛大に行われる。インド軍の行進、各州の山車と踊りなど、日本では今では見られない行進が行われる。北朝鮮の行進ほど完成度は高くないけど、逆にほのぼのとした面がある。一見の価値がある。でも、カメラは禁止である。それに年により寒いのが堪らない。

ここリッチモンドパークでも小さな儀式が10:00からフラットの集会所の中庭で行われた。国旗掲揚と、国歌斉唱である。住民の中から著名な人が名ゲストとなり、短いスピーチがあり、その後お茶となった。

出席者は、約80名で、子ども連れが多かった。注目すべきは、サリーを着た女性は3名の老婦人のみであった。日本人は10世帯は住んでいると思うが、館長一人であった。
子どもずれの若いカップルと老人が多かった。若い女性でサリーを着た人はいなかった・・
ガードマンと主賓による国旗掲揚である。国旗からバラの花びらが零れ落ちる仕掛けとなっていた・・
こんなところにも国旗が・・
主賓のカンナさん。カリンガ航空の副社長までやった人だと紹介された・・
風が都合よく吹いてくれた・・

BACK HOME