トンキール(Tonqueel

館長の自己形成に大きく寄与したトンキールの存在は看過できないものであります。
 

 

西高は小市民を育てる学校として大きな役割を果たした高校であると理解している。その西高に在学中に、「トンキール」と言う同人と言おうかグループが出来て、今に至るまでそのメンバーの一隅を穢している。

トンキールの特徴は、自覚を持った小市民の塊ゆえ、満場一致と言うことがなかったような気がする。何を決めても誰かが欠けているし、全員参加は死期が迫ってからの会食でようやく実現するかの感じであるが、それとても誰かが具合が悪いとか、日本にいないからとかの理由で、実質的に集まろうという意思があってもなかなかである。同人と言うのは、雑誌を出していたわけで、それへの投稿についても強要はされても拒否権は発動しえたように記憶している。最近では復刊準備号と銘打って年2回の発行が続けられている。この10人のメンバーはいまだ命を永らえていて、トンキールの各自の人生に与えた影響については多かれ少なかれ自負とは行かないまでも、何か感じているようである。

館長にしてみれば、トンキールなしでは西高時代はなかったし、それの人生への影響は良しにつけ悪しきにつけ少なくないと自覚している。

トンキールがセックスについて話を掘り下げなかったのが、当時の年齢からいって不思議である。それ以外の話題はタブーなしで紳士的に話し合えたような気がする。同人たちは、同じギャングの中にいても経験することも異なり、感じることも手前勝手で共通認識などなかったようであるが、何かがトンキールと言う言葉でメンバーをそれぞれの形でくくっていたような気がする。

誰が真のトンキーラーであるかは議論されたことはないようであるが、外されることは今の渋カジのシカトよりも、館長にとっては一大事であったような気がする。

わが青春はトンキールの仲間の行動と自分の判断とのギャップをいかに糊塗するかと言うあまり成果のあることとは思われないことに腐心した時期であったような気さえする。そのために公衆電話からメンバーの一人と今日も 会い明日も会えるにもかかわらず2時間以上話したりする愚を繰り返していた。

トンキールは全員参加ではなかったが、よく旅行をした。湖を求めて、テントをかついて、寝袋を背負って、費用をケチって、富士五湖とか、尾瀬沼とか、軽井沢とか、北海道とかを旅った。

マージャンもトンキールのおかげで、雀風が確立された。ゲームとしてのマージャンと勝負としてのマージャンのバランスが見事なくらい独特なものを培ったようである。今になって普通のお付き合いのメンバーと卓を囲むと、館長の打ち方は理解できないと貶される。でも負けなきゃ良いんでしょうとゲームを楽しむのが館長の雀風である。

こんなことをくだくだ書いてもトンキールの何たるかの解明にならないのに気がついているのだが、トンキールはそれ以上でもなければ、それ以下でもなく大したものでないのにもかかわらず、館長の人生に確実に影響を与えてきてしまっている。良かったのか悪かったのかは判断しようがないけど、館長はそれなりに評価している。

トンキールの世界に与えた影響について、一言。雑誌をガリ版で出していたころ、トトカルチョを日本へとの決議を行った。それが、今のトトに繋がっている。メンバーの一人が日本サッカー協会の副会長でFIFAの理事であり、それを助けた報知のスタッフがメンバーでもある。ワールドカップを前にこのことは記しておきたい。
トンキールは永遠に不滅ですか?

2007年2月16日の日本経済新聞の交遊抄に、トンキール同人小倉純二が書いているので、其の記事を此処に紹介する。

因みに、同人3人がこの4日にインドへ来てくれる。ありがたい話である。ベナレスのアキオを尋ねて、館長も同道する予定である。
   
大川久司君の死を悼む

2009/5/25

 

 

かねてから入院中の大川久司氏が本日(5月17日)午後4時48分逝去されました。

先週土曜日(5月9日)から昏睡状態となられ、静かに息を引き取られたそうです。

下記の通り葬儀が執り行われます。

              記

通夜: 5月24日(日曜日)午後6時〜7時(於 かわさき北部斎場)

告別式:5月25日(月曜日)午前10時〜11時(於 かわさき北部斎場)
 


芦村君から上記のメールを頂き、一江さまにファックスの原稿を作ったが、送信できなかった。
 

2009年5月18日

大川一江様

御主人の訃報を聞き、まことに残念な気持ちです・・

何年前になりますか、国分寺から歩いてお見舞いに行った時が、最後の機会でした・・

その時もっと話をしたかったのですが、ご主人は醜を曝したくなかったのでしょうか、
そそくさと帰った自分を覚えております・・

独特の発想法と、奥深い思考方法をする良い奴でした・・

インドのことで、親父さんの一司様にもお世話になりました・・

御冥福をお祈りします・・


43度を超えるインドから

清 好延                   

価値観は人により違うと言うが、大川の価値観はあまりにも自分と異なり、畏敬を感じていた。

囲碁に面白さを見つけ、それを楽しむことに喜びを見つけて熱中した高校生の大川にまず近寄りがたい精神力を感じた。

自分の楽しみを他に強要せず、しかもその喜びを見つけえぬ他人を軽蔑せずに、自己は自己、他人は他人という徹底した、個人主義を貫いていたように思える。

トンキールが共同作業の正当化するために考え出した他己主義という言葉を、大川は呟くように何度も何度も口にしていたのは、他己主義という言葉の意味を一番深くトンキールの中で掘り下げていたのではなかったろうか。

個人主義者が組織の中での義務を行うことの理論化あるいは正当性を他己主義という言葉の中で整理していたように思えた。

アメリカからの帰路で、APL(American President Line)のパーサーのJack G.Wayとの出会いは、大川の際立った個性がJackの好奇心を沸き立たせた所為であったろう。そこぬけの明るいJackにとって、日本人離れをした大川の生き方に関するものの考え方はまさに東洋の神秘であったろう。

一江さんとの出会いも、その詳細は知らないが、不器用な生き方の大川を見ている他のトンキールのメンバーにとっては青天の霹靂とも言うべきニュースで、株と恋愛と当時の自分にとっては全く手の届かない異世界を自由に動き回る大川の自由度に吃驚したものでした。

表面的な一般論をややもすると生き方に反映しがちな青春時代のトンキールの他のメンバーと異なり、株や結婚に対して非常に現実的な見方をしていたのではないかと思うのでした。私にはできないことをやり遂げる大川はまさに畏敬の対象でした。

仄聞するところによると、おじいさんからの遺産で土地を手にした大川は、その土地を宅地として、再開発をして、一部を売り、自分もそこに住みつくことになったが、素人の大川が宅地造成から、ブロック建築までやり遂げる原理主義的な生き方にもまさに驚きを感じた。

工事現場でのアルバイトで知った知識を持つ伊関とネコやパイプサポートについて話込んでいる姿は、現場の経験ない自分にとって、眩しく見えたものでした。定尺の木材と伸縮可能なパイプサポートの有用性についての議論はまさに現場の経験者の話で、近寄りがたいものがあった。

熱帯魚の餌の会社名を砧動物園をしたそのセンスに脱帽したのも事実でした。あるものを批判することはできても、白紙に創造することに出来ない自分の身勝手な空論を密かに恥じたものでした。

そんな大川が病むことになり、さらにはあの世への先達になるとは想像もできないことでした。ドクター睦美によれば、自分辺りが最初ではないかとの意見だったと思えるのですが・・

トンキール70歳の中で確率的には誰かがという話はあっても、大川がというのは・・
御冥福を祈ります・・

すぐに追いつきます・・
 

BACK HOME