館長の自分史

   
小学校    
   
  1945年入学は富山の尋常小学校であったことを記憶しているが、学校名までは覚えていない。中島のおんぼろ校舎とはいえない兵舎あるいは寄宿舎みたいな建物であったことを覚えている。ふすまの外された押入れの上の段が廊下に立たす代わりに使われいた記憶もある。学校は米軍の爆撃で焼けたしまったいたのかも知れない。

3年生の時に「富士宮市立大宮小学校」に通っていた記憶がある。
担任は時田先生で、実家は神田橋の近所の魚屋さん。
覚えている友人は、米山、有泉、西田 京子、木内、宮崎、小林、清進、などで ある。

その後、九州は熊本県八代の山奥の小学校へ転校。二部式授業であった。5・6 年生が一緒で授業を受けていた記憶がある。

1950年5年生の3学期に東京の杉並区立第九小学校へ転校、1951年卒業 となる。6年4組の先生が南先生で、クラス会の「さくら会」はいまだ健在で、 60数名のクラスメートのうち2名を除いて全ての所在が知れている。亡き久世 君の家族をも省みないようなことも有ったような涙と汗の努力のおかげと感動している。クラスほぼ全員の名前と顔が思い出される。

はねを上げない歩き方が完成したのもこの頃である。

       
中学校    
       
  1951年 杉並区立東原中学校入学。 東原中学の思い出
  1954年 卒業。 悪男が後に卒業した。
    中学の思い出 詩が嫌いの訳 
       
高校    
       
  1954年 都立西高入学  
    トンキールの同人になる。南から、東、西となれば北海道大学かと思いきや、又 も東に戻り、東外大。
  1957年 卒業  
    高校の思い出 胸囲の話
    西高3年H組古希の会 2008/4/9
     
大学    
       
  1958年 東京外国語大学インド・パーキスタン語科入学。
    在学中に橋岡、竹沢の3人で日印親善学生使節団として1961 年にインド旅行をした。
  1964年 6年かけて卒業。  
       
三菱商事    
       
  1964年入社 業務部 アジア課
        江森部長、石川課長
  1964年 鉄鋼輸出部 受渡課
  1966年   アジア第2課
  1967年 カルカッタ駐在 鉄鋼、機械、業務、肥料、ネパール担当
  1974年 鉄鋼輸出第二部  
  1979年 ニューデリー駐在 鉄鋼担当
  1982年 鉄鋼輸出第二部   形鋼チームリーダー
        中国チームリーダー
        システム企画チームリーダ兼務
  1986年 ニューデリー駐在 鉄鋼・所長特命担当
  1991年 鉄鋼輸出第二部  
  1991年 三菱商事退社  
    サムライ会2008年例会 2008/4/22
   
日印調査委員会  
         
  1991年 事務局長   野田英二郎委員長
       
JICA  
         
  1999年 JICA専門家として対印投資促進業務
    日本企業のインド進出を支援の為FICCI(インド商工会議所連盟)Tansen Marg, New Delhi 日本室に勤務
  2002年 JICA専門家としての契約終了
     
インド・アジア開発(有)会社
     
  2002年 取締役
     
  2005年 Mitsui Kinzoku Components India Pvt. Ltd.にSpecial Adviserとして 勤務、2007/6E 終了。
     
  2007年9月 インドへ27日赴任した。今回は三井化学の工場立ち上げで2年を目標とする。
 
講演記録 (2007〜2009年 )

2006年までの記録はこちらに掲載しています。

2009/9/8 技術情報センター インド進出(技術提携・合弁・独資)の具体的進め方と収益性判断
2009/9/3 プライムポリマー社 インドの現状とビジネス上の留意点
2009/8/6 日本人学校講演会 「インドの素晴らしさを考える」
2009/4/8・9日 内外ニュース懇談会 「日印関係の重要性と緊急性について― 今、日本は何をなすべきか」
2009/2/21 デリー青春友の会 2009年2月例会にて『インドを知るために』と題して、講演をした。
2008/9/18 内外ニュース講演会 最新の日印関係−検証と展望
2008/9/12 (株)技術情報センター インドにおける技術提携・合弁の具体的進め方と収益性判断
2008/9/10 企業研究会 インド市場における販売網構築・ビジネスモデル策定のポイント
2008/4/10 内外ニュース東京懇談会 アイディアと気迫を持ち決断 (インドで成功する秘訣は)
2007/12/18 日立研修所講習会 インドビジネスの展開
2007/12/13 JETRO横浜インドセミナー インドを理解して成功するには
2007/12/6・7・12 内外ニュース懇談会(山口・周南・長崎) 日印関係の重要性と緊急性について 
― 天竺再来 そのとき日本は
2007/9/26 日刊工業講演会 日印関係の重要性と緊急性について(会場スナップ12)
2007/9/21 内外ニュース北九州講演会 日印関係の重要性と緊急性について
2007/9/14 JETRO川崎講演会 インドを理解して成功するには 
2007/7/10・13・23・24  内外ニュース水戸・金沢・青森・八戸 日印関係の重要性と緊急性について
            ―天竺再来 そのとき日本は
2007/5/17 インド商工会・日本大使館共催 三木会で講演
2007/4/11・17・18 内外ニュース富山・尾道・広島講演会 (会場スナップ 「日印関係の重要性と緊急性について--天竺再来 そのとき日本は--」
 
館長の著作・論文等
2009年出版


新宿紀伊国屋にて

  インド人とのつき合い方  インドの常識とビジネスの奥義
 清 好延 (著) 単行本(ソフトカバー) (2009/7) ダイヤモンド社 
  インド人とインドビジネスを深く理解するために必須の項目を網羅
 カルチャーだけではないインド人との生身の付き合い方の奥義を指南する

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法
清 好延 (著) 単行本(ソフトカバー) (1999/09) 太陽企画出版

インド 海外ビジネス事情シリーズ
清 好延 (著) 単行本(ソフトカバー) (1996/07) 総合法令出版

インド投資で失敗しない法 B&Tブックス
清 好延 (著) 単行本(ソフトカバー) (1995/11) 日刊工業新聞社

インド投資で失敗しない法  韓国語版
清 好延 (著) 単行本(ソフトカバー)

来訪者数:

HOME

最終更新日: 2009/10/20