サダール・バザール(Sadar Bazaar)のプラスティック原料屋

2008/12/30

サダール・バザールは日用雑貨を中心にしたインド最大の問屋街である。オールドデリーの一角にある。

探せば何でも有るという。インド国産の日用雑貨はもちろん、密輸かとも思われる外国製品も入手できるとも言われる。

台所用品、お菓子を入れる箱、イミテーション宝飾品、あらゆる繊維製品、染料、顔料、電気製品、ガラス製品、照明器具、カーペット、ビニールシート、あらゆる紐、あらゆる袋、ボタン、工具、玩具、花火、暖房器具、鍋釜、アルミ製品、化粧版、ゴム製品、食器の類、文房具、タイヤ、自転車等々ないものは無いといわれる。

町はいつでも活気に満ち、商品に溢れかえっている。日曜日は休みの店が多いので、平日に行くことをお勧めする。

伝統ある問屋街であるため、伝統的なレストランがある。我がホームページで紹介したチキンカレーチョーラバツーラレバーカレーなどの安くてうまいレストランもこの街の中にある。

館長が今関係しているのがプラスティック原料を作る工場である手前、プラスティック原料については特別な関心がある。そのプラスティック原料の問屋がサダール・バザールの一角に軒を連ねていた。サダール・バザールのバハドゥールガー通りである。
 
サダール・バザールのバハドゥールガー通りである。
25キロのビニール袋を積み上げ、中の色を見えるように展示してある、プラスティック原料屋である。
この界隈はプラスティック原料を扱う店が軒を連ねる。


プラスティック原料のペレットを入れた袋を売っている店もある・・

BACK HOME