最寄りの警察

2008/2/29

ラジャスタン州のニームラナ工業団地に工場を建設する手伝いをしている館長は、いろいろな事を考えます・・

今日は最寄りの警察の出張所にあいさつに行きました。シャージャハンプル(Shahjahanpuru)にあります。サッジャンシン(Sajjan Singh)さんが所長で、総勢11名で、機動力はバイク2台だということでした。

ニームラナの商工会にジープの寄付をお願いしたいものだと愚痴をこぼしていました。上から、日本人の企業が進出してくるから最大限の注意を払うようにと指示が来ているとのことで、われわれの訪問を大歓迎してくれ、美味しいチャイを御馳走してくれた。日本の警察の警備システムについて、関心があるようで、交番とパトロールと地域住民の関係を説明すると目を輝かして身を乗り出した。親切にも、直属上部機関のべロール(Behror)の所長の都合を電話で聞き、自らが水先案内をしてくれた。

シャジャハナプルカラ10分のところのべロール(Behror)警察署はある。総勢200名を統括するラジェシュ(Rajesh)所長も、表敬に現れた我々を大歓迎してくれた。ラジャスタン州では大きな犯罪のない州で、インドでも平穏なところであると説明してくれ、州政府の方からの日本企業に対する扱いに万全を期すように指示が来ているのでそのようにしている故、安心してほしいと話してくれた。日本人で表敬に来たのは我々が初めてとのことで、お互いに、これからもよろしくということになった。

日本人は勤勉でかつハードワーカーであると聞くがとの問いに、日本人は、50度の炎天で働くインド人に頭が下がる思いをすると答えると、破顔一笑 おぬしやるなとの笑顔をした。できる男であるとの印象であった。
 
ポリスチョーキーニームラナと看板が出ている・・でも、Shahjahanpuruにある・・入口に水が置いてあった・・そこの水をコップに出されたので、館長は悠然と飲んだ・・ちょっと混ざりものがある感じの匂いと味であった・・同行のインド人は飲まなかった・・
二日後も腹は無事である・・
サッジャン・シンさんはつい10日前にアルワール(Alwar)から転属となったという・・気さくな好人物であった・・
べロール警察署である・・署長室は2階であった・・右に絡むのはブーゲンビリアである・・
Rajesh Gipta署長は、若いができる御仁と見えた・・話をしていて面白い・・出されたお茶はさっきのお茶より若干上品であった・・

BACK HOME