大和屋

2006/7/24
2006/12/11追加

日本人会事務所のすぐそばにある、日本食良品のスーパーである。成松さんが社長で朝9時半から夕方7時半まで営業している。

大体のものは揃う。特徴としては、ネパール産の臭くないポーク関係品が揃っているのが良い。ベーコン、ばら肉、トン活用の肉、ハム何れも臭くない。又、冷凍ではあるが刺身用の魚もある。

社長の目指している品揃えは、日本品のみならず、インド品の中で、日本人が食用として使えるものを積極的に取り上げて紹介販売している。食パン、塩、蜂蜜、ビスケット、ジュース、アイスクリーム、ピーナッツ、チーズなどがあり、推薦品は味と衛生面で間違いない。それはどうも人体実験を済ませて陳列しているからではなかろうかと館長は推測する。

館長は毎週一度は顔を出すことにしている。そこで会う方々との情報交換がとても楽しいのである。買うものがなくても出かけてゆくのである。そしてただのコーヒーをご馳走になるのである。

大和屋さんはホームページを作っているが、更新があまり行われていなようで、一寸残念である。
これは一階の写真で、地下もあります。
大和屋さんには、地下もあります。今日は昨日新着入荷が並んでました。館長は、新着入荷よりも、期限切れ商品の割引コーナーで必要品をを探します。

大和屋さんには二人の男性と、三人の女性が店頭で働いている・・量にもよるが、表通りの車まで運んでくれる・・
彼が店にあるパンフレットの女性に似ていると店の女の子がからかったので、盛んに照れている・・

BACK HOME