中国製品のインド進出

2001/1/2

「21世紀は唐・天竺・コンピューター」と1992年の年賀状に記したが、将にその通りとなってきたようである。今世紀の世界経済はインド、中国無しには語れないだろうし、世界の外交もこの2国を外して戦略は立てられない。

 人口問題では今世紀の前半には両国合わせて30億と成ると予想され、地球上の人口の40%を占めるようになる。

昨年8月森首相がインドを訪問し、インドとの間でグローバルパートナーシップと言うアグリーメントを交わした。アメリカ以外の国と世界の問題について2国間で協調協議をするということを、公式に行うことを公開したのははじめてであり、その意味では日本政府は今世紀の地球上でのインド役割を正しく認識しているといえよう。

長年インドにとっての頭痛の種は、中国と回教と言われてきているが、今中国がインドで新たな脚光を浴びている。

中国製品がインド市場で非常に安値で侵食をはじめて来ていると、インドのマスコミがキャンペーンを始めている。玩具、鍵、時計、バッテリー、自転車、シーリングファン(天井に吊るす扇風機)、音響製品、テレビ、電球などがインド製より3〜4割安で市場で売られている。

 物によってインド製の方が質が良いと言う説を立てる人もいるが、中国製の方が優良との説もある。玩具、バッテリーについては質に問題あるという説が大半を占めるが、音響製品については保証期間が2年、電球も半年の保証をつけていると言われ質に遜色無いといわれる。

 シーリングファンにはインバーターが組み込まれ、数時間の停電には対応できるアイディアは停電の多いインドは非常に魅力的な商品となっている。

インドに入る中国商品は、3つのルートあるといわれる。1つは正式なルートで輸入許可証を取り、輸入関税を払うもの。これは、物により25%と35%の関税が適用され、それぞれに付加税を加えて、55%と65%の税を払う事に成る。

 2つ目は、ネパール経由の中国商品である。ネパールとインドは2国間協定により、30%の付加価値がネパールでつけられた商品は無税で輸出入出来る。このためラサ経由陸路ネパールに持ちこまれた中国製品がインドへ入ってくるケースである。

 第3は密輸である。それぞれのボリュームがどの程度になっているかは、議論の分かれるところであるが、金額的には密輸は無視できる。又ネパール経由も限界があり、正常の輸入が過半数を占めているようである。

正常に輸入されている商品についてのケースを考えてみよう。インド製のファンは小売価格1150ルピー(¥2760)で売られているが中国製はマーケットで900ルピー(¥2160)で売られている。中国製のC&Fは400ルピー、それに輸入関税を65%付加しても660ルピーで、それを900ルピーで売るわけであるから240ルピーが輸入元に残る勘定と成る。

 従い、ファンメーカーの中には自分のインドでの工場を閉めて、中国にOEM生産をさせる事を考えるところが出てきている。グレーターノイダのT−シリーズ社が真剣に検討中と言う。

又、インド市場最大の時計メーカーであるアジャンタコーツは中国メーカーにOEMを頼むのではなく、自らの工場を四川省に建設する事を考え、すでに土地の手当てを終えているとの噂がある。日本が通ってきた道をインドも歩み始めたわけである。

優良品質の中国商品を歓迎し、競争が行われる状況を好感を持っているインド人もいる。しかし、上記のファンの様に、インドの工場を閉鎖したり、工場を移転したりするようなことになれば問題と指摘している人達もいる。

 中国がWTOに加盟し量的に無制限にインド市場を侵食してくると問題であると騒いでいる人もいる。又中国製品は将にインドの中小企業の分野を蚕食するゆえ何らかの規制が必要と論を立てる人もいる。

ニューデリー駐在の中国大使は、中国の対印輸出はインド全体の2.4%であり金額的にそんなに騒がれるものではないとコメントしている。むしろインドの対中輸出の方が問題とされるべきと、昨年1〜9月におけるインドの対中輸出の伸びが60%を超えている点を強調している。

 又中国のダンピング疑惑については商業的に採算が合わなければ中国の会社は輸出しないと市場主義を強調して、インドの中国製品排除のキャンペーンは不健康なものであると不快の念を表明している。

大使はインドと中国は互いに排斥、批判しあうのではなく、WTOでの協調を考えるべきと論を進め、WTOに対する中国の五原則を強調している。

 曰く、途上国の開発目的に敬意を払う事・先進国はウルガイラウンドのコミットメントを守る事・新しいルールは途上国も参加の上組み立てられる事・途上国同志がこれまで以上に協調すること。 WTOは内政干渉をしない事。

インドが1991年に経済自由化に踏みきり、外国投資を歓迎し国際レベルの商品を生産開始し、ようやく動き出したときに、現在の中国商品の進入と言う事態に遭遇した。

 今まで孤立していたインド経済がグローバルな影響を受けるようになったわけである。21世紀の世界経済の中でインドと中国が対等に競争できるように、インドはコストとの見直しを迫られている。

中国製品が安い理由は、人件費のコストが安いこと、原材料が安い事、税金が安い事、生産効率が高い事、薄利多売を旨とする事等が考えられる。

 人件費については、インドも場所によっては競争できるが、現在のマルチ社の労働組合の要求を見ると将来が懸念される。中国向けに各国が輸出する原材料の価格は国際的な水準より大幅に安いもの少なくなく、これがかなりコストダウンに工場建設から実際の生産面まで大きく寄与している。

 税金についてはインドと比べ中国の方がどうも安いようである。物品税、州税等を考えるとかなりの違いとなっているようである。

 効率については、インドは工夫すれば中国を凌駕できると言う例があり競争可能であろう。薄利多売は、発送の転換を迫られるインド企業家もいよう。現在の中国製品のインド進出はある意味ではインドの競争力を見直すために、良い刺激と試練を与え、知恵と工夫と努力と発想法の転換をインド企業家に迫るもので歓迎すべき点もあると考える。

 

BACK HOME